男性のメールは単なる伝達ツールに過ぎない

男性と女性とでスマホやラインなどのメール機能をどのように考えているのかというと、女性は感情を伝達するために使っているのに対して、男性は単なる情報を伝達するために使っているにすぎないということです。

男性と女性とでこんなに意識が違うということを認識してください。こんなにギャップがあるからこそコミュニケーションギャップが起こるということです。

男性のメールは情報伝達のためにしか使わない

男の心理としては女性が長文であれこれと送ってきたものに関しては、長文で返したいという風には思っていない節があります。男性の場合は必要なところだけ返信するという考えがあり、メールの長さと愛情は比例することはありません。

メールが短いからと言って愛情が無いというわけではなく、必要最低限の文字数で返信するからです。

男性がメールの返信をしてくれない理由としては返信するのが面倒くさいからです。男性はメールに対するモチベーションはそれほど高いというわけではなく、女性から何かしらメールが来たとしても、返信をする理由が無ければ一切返すことはしないでしょう。

男性にとってメールは単なる情報伝達ツールに過ぎないことの表れです。返すのが面倒くさいなあと言う時にはもしかすると返信しないという行動を取ってしまいがちです。

基本的に返信する必要がないと思っている

男性と女性の会話の違いによって起こることです。女性のメールは結論を重視するというよりはコミュニケーションを求めているということに対して、男性のメールは共感よりも具体的な結論を求めています。

だから、女性が送りがちな何も結論が無いようなメールの文面を見た時に、返信しなくてもいいんだなと言う風に男性は見てしまいます。別にほったらかしにしてもいいんだなと言う風に感じるものです。

男性が面倒くさいと思っても必ず返信をする時と言うのは、返事が要る時やある女性を落とそうと思っている時ではないでしょうか。つまり、返信をしなければいけない時に男の心理としてメールの返信を行うわけです。

もし女性が返信をしてほしいという風に思っているのであれば、きちんと質問を投げかけるような文面を送ればいいでしょう。質問が来た時には答えないといけないと思って返信をしてくれるものです。